7月29日(金)

スマホ販売の独禁法でスマホが安くなる!?あの分割払いシステムにも変化が!

7月も終わりを目前に、梅雨明けした関東。すでに夏休みのご家庭も、これから夏休みの計画を
たてるご家庭もあるでしょうね。そして夏というと、様々な商品に“夏モデル”が登場しますね!
今何かと使用頻度の多いスマホもその一つ。これからは、消費者の選択肢が増えるのです。



公正取引委員会が禁じたことは、“旧式などを再販する際の再販版価格の拘束を禁じる”ことや
“分割払いの支払総額を指定することを禁じる”などで、いわば、これからは消費者は、自由な価格競争の中、少しでも安く端末を手に入れる選択が可能になる…ということです。

通信大手が分割払いの支払総額を指定すると、販売店の自由な価格設定が阻まれますよね。
これも違反になります。
メーカーが新モデルの普及を優先し旧式のスマホを国内で再販売しないよう求める契約も認めません。
格安事業者の新規参入も、こういったことによって増えることになり、消費者にとっては選択肢が増え、嬉しいばかりなのでしょう。

いつからか、びっくりするほどスマホの端末料金は高額になっています。
分割払いが浸透し、様々なプランに含まれながら毎月、無意識に支払っていける感覚のため、
消費者も、高額な端末料金に驚かなかったでしょうしね!
何とスマホ購入者の9割は、この分割払いで購入しています。
そりゃあそうでしょう(;^_^A 一括で、そうそう簡単に購入できるものではありませんから。

この分割払いですが、公正取引委員会は“月々の分割払い相当額を通信料金から割り引く”という、得しているのかしていないのか解らない「仕組み」も問題視しているようです。

毎月割り引くことを前提とし、通信料金があらかじめ高く設定されている可能性は、やっぱりあるからなんです。何度も私も書いていますが、本当に通信料の内訳ってわからない。というか、比較もし辛いのです。格安スマホ事業者では、こういった通信プランと違ってシンプルな料金システムで人気が出ていますが、
こういった手法がとれないということは、格安スマホの市場参入を妨げることになる…
ということで、分割払い相当額を通信料から割り引くシステムを問題視しているわけですね。

ただし、そうなると、端末購入時の私たち消費者の負担は、短期的には増加するってことですよね?
それはそれで考えモノですが、公取委によると“長期的には価格競争が起きることで端末の価格が下がり、通信料の高止まりも是正されると分析している”そうです。

ということは、今年の夏は、分割払いで通信料から割り引いてもらう方法で購入できるギリギリのラストチャンスともいえるのでしょうか(;^_^A

夏モデルの購入を考えていた方は、いち早く!ということなのでしょうかねぇ。

そして、業界内での価格低下が見られるようになるまでは、当分、新規購入は我慢する…
そんな世の中の消費動向が予想できますね(;^_^A

もしかしたら、今頃新規スマホ購入者が滑り込みで“最後の分割割引購入”でごった返しているのかも?

中古端末に対する規制も変わるそうですが、もう一つ、ユーザーにとって喜ばしいことがあります!

Androidスマホユーザーの中での“あるある”の一つが「プリインストールされているGoogle関連アプリが削除できないのが鬱陶しい」という、Googleアプリ問題。
これについても、EUが、グーグルが自社製の検索アプリやブラウザーなどを優遇している疑いで調査しており、日本の公取委も「違反の恐れがある」との判断を示しているようですよ!

ちょうど、厚生労働省が“2016年度の最低賃金を全国平均で時給24円引き上げ、822円にする”と決めたばかり。最低賃金は引き上げられ、スマホ端末料金は、この先高止まりが予想されるとなると、消費者にとっては嬉しい話ですね!

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 28日のNY市場でダウ平均は小幅ながら4日続落。週間の石油在庫統計で原油在庫が市場予想に反して増加したことで、原油相場が約3ヶ月ぶりの安値をつけるなか、朝方からエネルギー株を中心に売り優勢の展開で始まりましたね。個別では決算が市場予想を下回ったフォードが8%超の下落するなか、ダウ平均は一時103ドル安まで下げ幅を拡大。ただ好決算を発表したフェイスブックなどIT関連株が相場を下支えすると、引けにかけては一時プラス圏に浮上するなど、この日の高値圏で取引を終了しております。

 

 29日のNY市場では、経済指標で4-6月期GDP(速報値)が発表されます。1-3月期(前期比年率1.1%増)からの持ち直しが予想されており、米景気回復が確認できるようであれば相場の支援材料になりそうですね。また欧州では欧州銀行監督局(EBA)が銀行ストレステストの結果を公表するため、ブレグジットショックの影響を見極めるうえでも注目が集まります。

NYダウ 18456.35 ▼15.82
ナスダック 5154.98 △15.17

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 29日の東京市場で日経平均は反発。寄り付き前の外資系売買動向は470万株の売り越しでした。寄り付き前にドル・円相場で一気に2円近く円高が進行したこともあり、日経平均は寄り付き直後に一時100円超の下落に。それでも先物主導ですぐさま切り返すと、その後は日銀金融政策決定会合の結果発表を睨んでもみ合い調整に。昼過ぎに発表された追加緩和策で、資産購入拡大がETFの購入増にとどまったことで失望感が広がると、一時302円安まで下げ幅を拡大。ただ売り一巡後は銀行、証券など金融株が買われプラス圏を回復すると、この日の高値圏で取引を終了しております。

 

 来週の東京市場では、目立った経済指標は発表されませんが、個別では三菱UFJフィナンシャル・グループ、ホンダ、三菱商事など各セクターを代表する企業の決算が相次ぎます。今週は信越化学、アドバンストなど、225採用の大型株が決算発表後に10%近い急騰劇を演じるなど、急速な円高進行で低下していた市場心理の反動買いが目立っており、市場予想を大きく下回らない限りは底堅い推移が見込めるのではないでしょうか。

日経平均 16569.27 △92.43 31億8874万株
TOPIX 1322.74 △15.74
JASDAQ平均 2468.98 △9.76

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
3542 ベガコーポレーション 3,220円 ▼60円 130,500株
テレフォン注目銘柄として7/26に3,120円で登場しましたが、
今日は高値3,500円まで3泊4日で
12%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
子会社がNTT空間情報とデジタル地図サービス事業で
連携しており、業績拡大期待も潜在しておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
7831 ウイルコホールディングス 143円 ▼1円 132,000株
テレフォン注目銘柄として7/21に122円円で登場しましたが、
昨日は高値148円まで
1週間で21%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
PER12倍、PBR0.59倍と指標面は割安ですので、
引き続きしっかりご注目ください!
★買い注目★
2354 安川情報システム 248円 △50円 2,954,800株
テレフォン注目銘柄として5/18に218円で登場しましたが、
今日はストップ高248円まで
13%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
VR端末を使って『IoT』の活用を製造業向けに
提案との材料も出ておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6619 ダブル・スコープ 2,364円 ▼16円 961,000株
テレフォン注目銘柄として7/8に1,712円で登場しましたが、
昨日は高値2,444円まで42%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
車載用セパレータ需要は引き続き拡大しており、
同社の成長期待は根強いので、
引き続きしっかりご注目ください!


★買い注目★
6297 鉱研工業   660円 △44円 86,000株
テレフォン注目銘柄として7/15に586円で登場しましたが、
今日は高値660円まで12%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
リニア関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 来週、月曜日の注目銘柄 ♪ heart
1971 中央ビルト工業  125円 △10円 425,000株
業種は金属製品です。足場などの建設仮設材を展開。17年3月期は首都圏の再開発工事やオリンピック関連工事の増加などを背景に小幅ながら営業増益見通し。PER9倍台、PBR1倍割れと指標面も割安のため、この後の業績相場での水準訂正に向けて注目。

5287 イトーヨーギョー 960円 △15円 50,100株

業種はガラス・土石製品です。マンホールからライン導水ブロックなどを展開しておりますが、無電柱化製品なども育成。東京都知事選で元環境相の小池百合子氏が当選すれば、電柱地中化が推進が期待されるだけに、テーマ銘柄の一角として注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から3668 コロプラについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では7/20に1,972円で、『これまでスマホゲームで出遅れていたゲーム会の巨人任天堂の『ポケモンGO』がいきなり空前の大ヒットとなっており、同社など従来型スマホゲームjから資金が流出している面も。』とお伝えしておりましたが、業績下方修正もあり、今日は年初来安値更新で1,441円まで26%下落です!空売りしている方はおめでとうございます!こんな銘柄をプロの助言のもとで売買し、資産を形成したい方は当社会員システムもご検討ください!お陰様でリピート率は90%!(2015年11月末)
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『2321 ソフトフロント』
6/16に270円からデジタルポスト関連の一角として人気化すると、6/28には年初来高値686円まで、2.5倍増達成!

『3652 ディジタルメディアプロ』

4/14の1,983円から人工知能関連の一角として人気化すると、6/10には上場来高値5,130円まで、2.5倍増達成!

『6191 エボラブルアジア』
3/31に2550円から民泊関連のテーマ性などもあり、7/5には上場来高値6,890円まで、2.7倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/16には上場来高値15,850円まで、4.8倍増達成!

『6656 インスペック』
6/27の796円から業績改善期待が高まると、7/6には年初来高値2,150円まで、2.7倍増達成!

などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『新興3000番台』銘柄
先日からご紹介してきた『新興4000番台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『新興3000番台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

7/29(金)〜17:30

7/30(土)・31(日) 10:00〜14:00

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

8/1(月)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



それぞれ1日1回ずつクリックをお願いします♪

女性投資家 ブログランキングへ


株式 ブログランキングへ

本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『6645 オムロン』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪