6月13日(月)

7月に日米同時上場のLINE。急成長でも純損益赤字が79億円

ここのところ雨模様で、今年は梅雨らしい6月となっておりますが、先日から投資家の話題にものぼった“LINE上場”のお話し、7月に日米同時上場となる形で、東証が承認しましたね!
ところが、今まで非上場だったため明らかになっていなかったLINEの純損益赤字が……
なかなかの数字になっているのです。



先週の10日にLINEが提出した有価証券届出書によれば、
誰もが名前を知る(知らない世代も、事件のニュースで必ず1度は耳にする)ほどの急成長でありながら、昨年の12月の決算では、売上高が前年同期に比べ39%増の1206億円だったにも関わらず、79億円の純損益赤字を出していました。

大きな赤字の影響となったのは、昨年の3月に買収した、音楽ストリーミング事業の不調。
不調というより失敗。撤退することになった際の損失が118億円だったんだそうです。

LINEを使っているユーザーはご存知の通り、LINEには様々なアプリがありますよね。
それはもう、ある意味、他の同系アプリとは比べ物にならない種類の多さで、
私もブログに書いたことがあるように、なかなかの人気を見せていた「LINE MALL」なる
フリマアプリが今年の5月に閉鎖となりましたし、他にも度々新しいアプリが登場しては、すっと無くなることもあるという…。

LINEバイト、LINEタクシー、LINEミュージック、LINEゲーム……
あのアプリの進退の裏には、大きな利益や損失が当然ながらあるのでしょうけど、
一般ユーザーはそんなことも露知らず……でしょう。

LINEの親会社は韓国のネイバー。現在のLINEのトップ役員含めた上層人事の約4割以上は、
韓国出身なんですね。だからどうなんだってことかもしれませんが、すっかり世界で浸透している、若者には生活に欠かせないLINEは、新興企業らしく、急成長を遂げ、そして社員の平均勤続年数は数年です。
でも、従業員1122人の平均年収(年間給与)はなんと795万円だと、新聞のコラムにありましたから、短い勤続年数は、いったい何が原因なのでしょう。
会社のシステムがそうなのだとしたら、それはそれで凄いですけれども…

でも、メールよりもその他のSNSのメッセージアプリよりも、なぜだか使いやすいLINEは、
メッセージアプリだけしか使っていないユーザーが多かろうと、その存在が揺るぎないという不思議な魅力を持った企業(アプリ)なのは間違いなさそうです。
7月の上場後の動向に注目したいですね!

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 10日のNY市場でダウ平均は続落。英国でのEU離脱の是非を問う国民投票に関する最新の世論調査で、離脱支持が残留支持を上回ったことで、欧州経済の混乱への警戒感が強まると、朝方は売りが先行する展開になりましたね。原油相場の続落で指数寄与度の大きいエネルギー株が売られると、ダウ平均は一時172ドル安まで下げ幅を拡大。それでも節目17,800ドル付近では押し目買いが入り、引けにかけてはやや値を戻して取引を終了しております。

 

 今週のNY市場では、経済指標で5月小売売上高や、6月NY連銀製造業景気指数の発表が、イベント面ではFOMCが予定されております。5月雇用統計の急激な悪化を受けて利上げ見送りが濃厚となっておりますが、イエレンFRB議長は米経済には総じて強気の見方を示しているだけに、今後の利上げタイミングを見極めるうえでもFOMC後の会見には注目が集まることになりそうです。

NYダウ 17865.34 ▼119.85
ナスダック 4894.55 ▼64.07

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 13日の東京市場で日経平均は大幅に3日続落。寄り付き前の外資系売買動向は10万株の売り越しでした。先週末のNY市場安を背景に、朝方から売り優勢の展開で始まりましたね。中国の5月小売売上高が市場予想を下回ったことも重しとなると、前引け段階で東証1部の95%強が下落するなどほぼ全面安に。日経平均は先物主導で下げ幅を拡大させると、4月12日以来約2ヶ月ぶりの安値で取引を終了しております。

 

 14日の東京市場では、国内に目立った手掛かり材料はありません。米国ではゲーム見本市『E3』が開催されます。国内勢では、ソニー子会社『ソニー・インタラクティブエンタテインメント』がPS4/PSVRに関連する情報をライブストリーミング配信することをすでに発表しており、ゲーム関連とともに、改めてVR関連銘柄に物色の矛先が向う可能性もあるのではないでしょうか。

日経平均 16019.18 ▼582.18 18億7631万株
TOPIX 1284.54 ▼46.18
JASDAQ平均 2523.85 ▼36.31

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
3195 ジェネレーションパス  1,435円 △300円 1,794,600株
テレフォン注目銘柄として6/2に1,070円で登場しましたが、
今日はストップ高1,435円まで
34%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
中間決算は当期66.6%増と好調ですが、
『インバウンド』のネクストテーマと
目される『越境EC』関連ですので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
3832 T&Cメディカルサイエンス 181円 ▼14円 2,395,300株
テレフォン注目銘柄として6/9に145円で登場しましたが、
今日は2日連続ストップ高で245円
まで2泊3日で68%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
全体相場が崩れ始めるなか、低位株物色の
流れが強まっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6191 エボラブルアジア 5,510円 ▼140円 734,700株
テレフォン注目銘柄として3/31に2,550円で登場しましたが、
今日は上場来高値更新で5,750円まで
2.2倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
民泊関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6033 エクストリーム 4,175円 △95円 154,700株
テレフォン注目銘柄として6/9に3,700円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で4,400円まで
2泊3日で18%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
今週は世界最大のゲームショウ「E3」も控えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3675 クロス・マーケティンググループ 397円 ▼12円 950,500株
テレフォン注目銘柄として6/7に393円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で467円まで
4泊5日で18%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
リサーチなどの各事業の好調を背景に通期は
増収増益見通しですので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 明日、火曜日の注目銘柄 ♪ heart
4312 サイバネットシステム 828円 ▼22円 1,345,700株
業種は情報・通信業です。富士ソフト子会社で、設計用CAEソフトを主力に展開。一目均衡表の雲をサポートラインにもみ合い調整が続いておりますが、世界最大規模のゲーム見本市「E3 2016」開催に向けてVR関連として注目。

7612 コモンウェルス・エンターテインメント 70円 △2円 923,000株

業種は卸売業です。パチンコ・パチプロ向けコンテンツの仲介から、アミューズメント事業なども展開。新社長が第三者割当増資を引き受けるなど、再建期待も高まっておりますが、目先は全体相場が調整するなかでの低位株物色の流れにも注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から3134 Hamee』(ハミィについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では4/28に1,270円で、『海外にインターネット経由で商品を販売するECサイトを構築するデジタルスタジオとの業務提携で事業拡大期待も高まっておりますが、越境ECは注目され始めている市場テーマですので、短期資金の人気は継続か。』とお伝えしておりましたが、今日はストップ高2,129円まで67%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!『ココだけ!情報局』には当社会員の方が仕込んでいる銘柄がコッソリ登場していることがありますが、こんな銘柄を当社アドバイザーの助言のもとで、仕込んでみたい方は当社会員システムもご検討ください!お陰様でリピート率は90%!(2015年11月末)
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『3652 ディジタルメディアプロ』
4/14の1,983円から人工知能関連の一角として人気化すると、6/10には上場来高値5,130円まで、2.5倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/16には上場来高値15,850円まで、4.8倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『3905 データセクション』
4/13の647円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/12には年初来高値1,384円まで、2.1倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、5/23には高値8,760円まで、3倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『100円台』銘柄
先日からご紹介してきた『東証1部300円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『100円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

6/13(月)〜19:30

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

6/14(火)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『8002 丸紅』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪