6月2日(木)

OECD、OPEC、そしてタイミングが残念なLINE上場…!下半期に向けて動く波

火星が赤々と空に輝くさまを早速観測した方も多い、スーパーマーズ。私も昨夜は目にすることができました。そんなロマンティックな天体の模様と裏腹に、上半期最後の月にはいり、世界の経済の動きもさらに活発になります。



1ドル110円台で推移していくと見られている円相場は、5月末日も大きな動きはないまま6月に突入しましたが、アメリカでは4月に個人消費支出が6年8か月ぶりの大きな伸びとなり、これが“追加利上げが近い”との見方も多く、ドルを買い、円を売る動きが優勢になったと言われています。その後の株価下落でリスク回避意識が高まり、安全通貨である円を買い戻す動きが出たわけですが、
世界的に見る経済の見通しとしては、経済協力開発機構(OECD)が昨日公表した、
「2016年の世界経済成長率は3%にとどまる」と示しています。

EUの離脱が決まった場合はさらに成長率は急激に減速するとみられ、こういった水準では、若年層の雇用機会が減り、高齢者の医療や年金などの恩恵が危ぶまれます。

資金をどこに使っていくのか問われる時代ともなるでしょうねぇ。

さて、もう一つ話題になったのは、無料対話アプリLINEの東証上場の話ですね!

LINEって上場してなかったの?とびっくりした方もいるそうで(投資に縁のない方は特に)、
現時点では今年最大の“新規株式公開”となる見込みだとか。

話題性の大きなニュースですが、上場の観測がピークだった2年前に比べると、成長期待値は低下しているそうです。
満を持して…とまでは言い切れないタイミングとなってしまった感なのでしょうか?
個人投資家にとっては需要を集めそうですが、相場全体にとっては、残念ながら起爆剤とはならないとの見方だ多い、と記事で拝見しました。

今年のIPO案件、最大規模と言われる時価総額は6000億円に達するそうで、
「ネームバリューがある会社。足元の個人投資家のマインドもそう悪い訳ではない。現段階ではIPOの需要は十分にある」(国内証券)とあるように、
期待度と話題だけは充分すぎるほど。

でも、昨日の東京株式市場でのLINE関連の銘柄はいまいちの伸びだったようで、
やはりタイミングが残念だったと言わざるを得ない気もしますね。
中堅証券いわく、「上場観測が幾度も出た企業。その見通しが立ったとはいえ、今さらとの感はぬぐえない。きょうの全体相場への影響も、ほぼないと言っていい」との声。

個人投資家だけがざわついたLINE上場のニュース。
7月からの動きに注目、といったところかもしれませんね!

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 1日のNY市場でダウ平均は小反発。中国の5月製造業PMIが低調だったことを受け、朝方は世界景気の先行き不透明感を背景に売り優勢の展開となりましたね。ダウ平均は一時122ドル安まで下げ幅を拡大させたものの、ISM製造業景況指数が市場予想に反して改善したことなどもあり、急反発へ。午後に発表されたベージュブックで、引き続き労働市場が改善しているとの認識が示されたことも支援材料となると、この日の高値圏で取引を終了しております。

 

 2日のNY市場では、経済指標で5月ADP雇用レポートが発表されるほか、イベント面ではOPEC総会が開催されます。UAEのエネルギー相が原油市場には満足しているなどと述べたと伝わったことで、増産凍結の合意には至らないとの観測が強まっておりますが、原油相場は市場心理を大きく左右するファクターだけに、注目が集まることになりそうです。

NYダウ 17789.67 △2.47
ナスダック 4952.25 △4.20

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 2日の東京市場で日経平均は大幅続落。寄り付き前の外資系売買動向は140万株の売り越しでした。ドル・円相場で109円台半ばまで進行した円高が重しとなり、朝方から輸出株を中心に売り優勢の展開で始まりましたね。個別では5月売上高でインバウンド需要鈍化が確認された百貨店株が下落。前日の安倍首相の会見に対する海外勢の失望売りも観測されるなか、日経平均は一時430円安まで下げ幅を拡大。先月中旬にサポートラインとなった節目16,500円付近では押し目買いが入り、やや値を戻して取引を終了しております。

 

 3日の東京市場では、目立った手掛かり材料はありません。米国の機関投資家を対象にした5月国際分散投資戦略調査では、株式の推奨保有比率は4ヶ月連続で低下し、金融危機以降で最低となっております。今月はFRBによる利上げの可能性があるほか、英国のEU離脱を問う国民投票も予定されているだけに、リスク管理は怠らないようにしておく必要がありそうです。

日経平均 16562.55 ▼393.18 20億7508万株
TOPIX 1331.81 ▼30.26
JASDAQ平均 2539.07 ▼8.49

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
4748 構造計画研究所 2,900円 ▼140円 434,000株
テレフォン注目銘柄として3/29に1468円で登場しましたが、
昨日は年初来高値更新で3,200円
まで2.1倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
5G関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
3923 ラクス 2,450円 △266円 704,200株
テレフォン注目銘柄として4/22に1,897円登場。
5/31に再度2,216円で注目銘柄として登場すると、
今日は年初来高値更新で2,510円
まで32%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
オリックスとの業務提携も発表しており、
業績拡大期待も高まっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
4824 メディアシーク 553円 △6円 107,800株
テレフォン注目銘柄として5/17に507円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で625円まで
23%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
LINE関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6176 ブランジスタ 6,650円 ▼370円 2,962,400株
テレフォン注目銘柄として5/23にも5,780円で登場しましたが、
昨日は高値7,280円まで25%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
秋元康氏プロデュースの「神の手」の全貌が明らかに
なったことで業績拡大期待も高まっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3823 アクロディア 581円 △28円 1,537,200株
テレフォン注目銘柄として4/15に418円で登場しましたが、
5/27には年初来高値611円まで46%上昇!
となりましたよね!
集合住宅向け『インターホンIoTシステム』の
順次販売契約締結の材料も出ておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 明日、金曜日の注目銘柄 ♪ heart
3195 ジェネレーションパス 1,070円 △48円 622,600株
業種は小売業です。衣料品、インテリアなどのネット通販サイト『リコメン堂』を運営。先日、ECマーケットプレイスの構築などを手掛ける中国企業と資本業務提携をに向けた基本合意書を締結しており、越境EC関連のテーマ性から注目。

3010 価値開発 45円 △5円 6,590,000株

業種はサービス業です。都市型ビジネスホテルや東北での中長期滞在型施設を運営。昨日年初来安値を更新しておりましたが、株主優待制度開始の材料も出ており、今後の見直し買いに注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から6078 バリューHRについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では昨日1,742円で、『こちら『データヘルス』関連株!再びバッターボックスに入りそうです。ホームラン(HR)はいつか?』とお伝えしておりましたが、、引け後に大同生命と業務・資本提携を締結したと発表すると、今日はストップ高2,149円まで1泊2日で23%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!『ココだけ!情報局』には当社会員の方が仕込んでいる銘柄がコッソリ登場していることがありますが、こんな銘柄を当社アドバイザーの助言のもとで、仕込んでみたい方は当社会員システムもご検討ください!お陰様でリピート率は90%!(2015年11月末)
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『3652 ディジタルメディアプロ』
4/14の1,983円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/31には上場来高値4,615円まで、2.3倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/16には上場来高値15,850円まで、4.8倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『3905 データセクション』
4/13の647円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/12には年初来高値1,384円まで、2.1倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、5/23には高値8,760円まで、3倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『100円台』銘柄
先日からご紹介してきた『東証1部300円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『100円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

6/2(木)〜19:30

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

6/3(金)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『6645 オムロン』、『6856 堀場製作所』、『6367 ダイキン工業』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪