5月31日(火)


消費税増税は2019年10月まで延期の見通しで気になる経済の行方

2017年4月に予定されていた消費税率の引き上げが、サミット後まで発表を先送りしておりましたが、約束通りサミット終了後、結論が出ました!
予想外か予想内かはそれぞれの見解がありますが、19年10月まで延期との結果でしたね。
これによって、消費や株価、金利など経済にはどういった影響が出るのでしょうか?



本来10%に引き上げられた場合に得られる額は約4兆円と言われています。特に社会保障や福祉への割り当てがなされてこその消費税なのですが、当初から、低所得世帯の年金受給者への給付金(年間約6万円)、低所得世帯の高齢者の介護保険料の軽減、保険料納付機関を25年から10年に短縮…など予定されていました。

話題に新しい保育園問題もそうですね。財源確保が延期となった場合の策はあるのでしょうか。

消費はどうでしょう。
延期となると、本年下半期の駆け込み需要は起きません。そして、増税後の反動も起きない。ということは、2016年に起こり得たはずの成長率は予想より低くなるわけですし、逆に来年2017年の成長率は予想より高くなりますね。大きな消費の影響は特に出ないというのが見通しです。
そもそも、増税延期であろうと増税が予定通りに行われようと、国民の消費活動は“抑え気味”の姿勢に傾くというのが世論調査として出ているのです。

正直なところ、消費税というのは所得税と違うため、低所得者にとって不公平という声もあがります。一方、最終的にはその税収が、低所得者に多く分配されるから結果、公平だという声もあります。

本来の社会保障は、所得の高い人から低い人へと、所得の移転が行われているべき、という専門家の意見のように、できれば、ものによって税率が変わる“多段階方式”を採用してほしいと思う声も多いのは頷けます。

さて、ここからは所得のある人に関連する話。
国債はどうかというと、政府が国際公約していた、“20年度に基礎的財政収支を黒字化させる”というのが達成しがたくなり、しいては財政悪化を理由に日本国債の格下げの公算も出てきます。

国債は売られて利回りが上昇する、“良くない金利上昇”となるのですが、実際は影響は直接的ではないようなのです。

今の財政状態よりも、日銀の国債の買い入れやマイナス金利政策による金利低下の圧力が大きいので、消費税増税延期による影響は受けない、という判断となりますね。

では為替や株価はどうでしょう?
原油安やチャイナマーケットの懸念が減少したこともあり、いわゆる“安全通貨”の円が売られる見方が大きいのですが、現在アメリカが金融政策の引き締め傾向を遅らせているため、
円高圧力が見られるとはいえ、引き上げが延期されてもされなくても、現在の円安の推移が維持されると見られています。
それによって、恩恵を受ける輸出企業を中心に株価は上昇するというのは予想内でしょうね!

国債や株価、為替自体は、格下げの直接的影響よりも、今の金融、経済の背景が影響するんですね。

一般的に考えれば熊本の復興のことも懸念すると、消費税増税の延期は当然という意見も多いようです。
マニフェストがどうだとか、公約違反だとかの問題を突っつく国民は少ないということ。そして増税、消費税そのものに対しての公平性を問う人は未だ多いということ。
また、消費税が上がることそのものよりも、それがどう影響するかが気になる分野の人もいることなどを考えると、一口に“国民に関係する消費税”と言うのは外堀りの話であって、
立場によって中身の内容は違うものを見ているのかもしれませんね。

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 30日のNY市場でダウ平均はメモリアルデーの祝日で休みでした。

 

 31日のNY市場では、経済指標で3月S&Pケース・シラー住宅価格指数や4月個人所得・消費支出(PCE)が発表されます。特にコアPCEはFRBが政策運営で重視するインフレ指標ですが、3月は0.1%上昇と物価上昇圧力の緩慢さが示され、FRBによる年内2回利上げの可能性が低くなったと見られているだけに、内容に注目が集まることになりそうです。

NYダウ 17873.22 △44.93 (5/27終値)
ナスダック 4933.51 △31.74 (5/27終値)

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 31日の東京市場で日経平均は5日続伸。寄り付き前の外資系売買動向は590万株の買い越しでした。前日のNY市場が休みで手掛かり材料難だったこともあり、朝方の日経平均は前日の上昇の反動から売りが先行する展開に。4月鉱工業生産指数(速報)が市場予想を上回ったことで、政策期待もやや後退。ただ下げ幅は79円安にとどまると、節目17,000円割れでは押し目買いが入りプラス圏に浮上。MSCI指数の定期見直しに伴うリバランス買い期待もあり、引けにかけては上げ幅を拡大させ、この日の高値圏で取引を終了しております。

 

 1日の東京市場では、国内で1-3月期法人企業統計が、中国では5月製造業PMIが発表されます。先週の伊勢志摩サミットでも、新興国の停滞などで世界経済の現状が厳しいとの認識で一致しているだけに、弱めの数字が出てきた際には改めて警戒売りを誘発することになるのではないでしょうか。

日経平均 17234.98 △166.96 15億9773万株
TOPIX 1379.80 △13.79
JASDAQ平均 2548.85 △9.18

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 3,700円 ▼500円 1,441,900株
テレフォン注目銘柄として4/14に1,983円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で4,615円まで
2.3倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
人工知能関連としてのテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
6176 ブランジスタ 6,570円 △1,000円 3,679,900株
テレフォン注目銘柄として5/23にも5,780円で登場しましたが、
今日は2日連続ストップ高6,570円まで
13%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
秋元康氏プロデュースの「神の手」の全貌が明らかに
なったことで業績拡大期待も高まっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
8518 日本アジア投資 430円 △23円 4,148,200株
テレフォン注目銘柄として5/27に406円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で447円まで
2泊3日で10%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
前期は海外ファンド収益の寄与もあり、
最終黒字転換となっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6191 エボラブルアジア 4,900円 ▼70円 873,300株
テレフォン注目銘柄として3/31に2,550円で登場しましたが、
今日は上場来高値更新で5,230円まで
倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
民泊関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6088 シグマクシス 659円 ▼19円 303,300株
テレフォン注目銘柄として5/11に558円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で690円
まで23%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
AI関連としてのテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 明日、水曜日の注目銘柄 ♪ heart
3843 フリービット 832円 △42円 142,400株
業種は情報・通信業です。ネット接続業者向けのインフラ提供サービスや、独自スマホ事業も展開。6月に本決算発表予定ですが、第3四半期段階で経常益の進捗率も90%を超えており、業績面での見直しに注目。

3923 ラクス 2,216円 △75円 149,000株

業種は情報・通信業です。クラウドとIT人材派遣を2本柱で展開。経費清算システム『楽楽清算』が、民間調査機関が発表したSaaS型経費清算市場累計導入者数において、2年連続で第1位を獲得しており、今後の高成長性に注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から3782 ディー・ディー・エスについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では5/23に304円で、『第1四半期決算も赤字続きで、業績面からの買いは期待できないだけに、目先は25日線突破から、テクニカル、テーマ性からの相場に注目。』とお伝えしておりましたが、同社の多要素認証ソリューションがGcomホールディングスの地方自治体向けシステムに採用されたことで、今日はストップ高388円まで27%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!相場で資産を形成する戦略の一つが『テーマ・材料の先取り投資』ですので、『ココだけ!情報局』登場の銘柄はしっかりご注目ください!そんな銘柄を当社アドバイザーの助言のもと、仕込んでみたい方は当社会員システムもご検討ください!お陰様でリピート率は90%!(2015年11月末)
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『3652 ディジタルメディアプロ』
4/14の1,983円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/31には上場来高値4,615円まで、2.3倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/16には上場来高値15,850円まで、4.8倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『3905 データセクション』
4/13の647円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/12には年初来高値1,384円まで、2.1倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、5/23には高値8,760円まで、3倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『100円台』銘柄
先日からご紹介してきた『東証1部300円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『100円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

5/31(火)〜19:30

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

6/1(水)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『3782 ディー・ディー・エス』、
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪