5月16日(月)

消費税増税はサミット後に!再延期の影響を考える

目まぐるしく消費税増税について各方面から騒がれていましたが、安倍首相が、表明しました。再延期の方針を固めたのです。サミットでのドイツの同調を誘いたいのではないか?という見方もあるいっぽう、再検討は“やはり”と感じている人も多いはず。
実際に増税はどうなるのか、延期の決定は株価や為替に影響するのか。増税になった場合の影響は…?答えが明確になるまで、まだまだ不安材料の多い問題です。

消費税の増税は、経済状況が改善していないと難しい問題であることは一目瞭然。
ここのところの企業問題もさることながら、熊本地震によって消費税の増税は見送るだろうと予想していた方も多く、とはいえ地震だけを要因ととるならば、2017年4月の増税は、
あり得る話ともいえる…と感じる人もいるでしょうね。

そもそも、サミット後、というのは単純に、この差し迫った各方面の状況の中で、
あと数日後までに決着はつけられないのは当然ともいえるのではないか…と
考えます。もし地震が起きていなければ、この感に増税か否かの時期については
何かしら答えが出ていたのかもしれません。

サミット後、ということに関して、“ドイツが「財政出動の国際協調」に対して消極的な態度を示しているから、日本が先陣を切って姿勢を示し、ドイツの同調を誘いたかったからだろう”との専門家の意見もありました。
もっと単純に、やはり、今この不安定な状況と震災の影響がある今に出す答えではない、
と考えても私は納得ができますが、皆さんはいかがでしょう。
日本経済の状況は、企業業績、株価や為替など、決して良い状況とは言えません。
土壌としては消費税増税のための整備はできていないわけです。

これを“公約違反”と反発する野党ですが、アベノミクスの経過目標“2017年4月の増税は
必ず達成する“という公言は確かに突っ込みどころからもしれませんが、
公約違反を指摘するのは政党の攻撃方針です。増税が少しでも延期となるならば、
本来、アベノミクス以外でいえば“ああ、よかった”という気持ちなのではないかと…。

一般的には、消費税が増税にならない場合、個人の家計や企業決算はプラス。
個人消費に関連する指標や企業の業績などは上向きに数値が出るため、株高、円安に向かう傾向にあります。
増税か否かが決定したわけではなく、再延期が決定したわけなので、直接的な影響は出ないとは思いますが、個人消費の特に大物消費については、タイムリミットぎりぎりを狙う消費活動は勢いを増すかもしれません。
前回の増税では、実施前後のこういった消費の反動による景気落ち込みは半年ほどにとどまっています。そして回復していく。

サミット後に再延期とならずに答えが出るであろう消費税の増税については、
じわじわと真実味を帯びてきている気がします。

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

13日のNY市場でダウ平均は大幅反落。百貨店JCペニーの決算で売上高が市場予想を下回ったほか、同業のノードストロームが17年1月期通期の収益見通しを引き下げたことで、朝方は個人消費の減退懸念から消費関連株を中心に売り優勢の展開になりましたね。一方で、4月小売売上高は前月比1.3%増と、市場予想を上回り1年1ヶ月ぶりの大きさとなったものの、市場心理は改善にはつながらず。原油相場の下落も重しとなると、ダウ平均は一時208ドル安まで下げ幅を拡大させるなど、3月24日以来約1ヶ月半ぶりの安値で取引を終了しております。

 

 今週のNY市場では、経済指標で5月NY連銀製造業景気指数、4月消費者物価、FOMC議事録などが発表されます。個別でもホームセンター大手ホーム・デポ、小売大手ウォルマート・ストアーズ、衣料小売りギャップなどの決算が予定されており、GDPの約7割を占める個人消費の動向が改めて注目されることになるのではないでしょうか。

NYダウ 17535.32 ▼185.18
ナスダック 4717.68 ▼19.66

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 16日の東京市場で日経平均は反発。寄り付き前の外資系売買動向は270万株の売り越しでした。先週末のNY市場安を背景に、朝方こそ売りが先行するも、日経平均は売り一巡後は早々にプラス圏に浮上。個別では営業益75%増決算を発表した資生堂が10%近い急騰。消費増税の先送り報道もあり、一時220円高まで上げ幅を拡大。ただ25日線が上値抵抗線として意識されると、マザーズ指数が6%超の急落となったことで投資家心理が冷え込んだこともあり、引けにかけては急速に値を消し、この日の安値圏で取引を終了しております。

 

 17日の東京市場では、目立った手掛かり材料は見当たりません。5月第1週(2-6日)の投資部門別株式売買動向では、外国人投資家は2週連続で売り越しておりますが、売越額は3142億円と、わずが2営業日で前週の892億円を大幅に上回る額を売り越しております。先週末で決算シーズンは一巡しましたが、急激な円高進行で輸出株を中心に軟調決算が目立っており、外国人投資家を呼び戻すにはしばらく時間がかかるのではないでしょうか。

日経平均 16466.40 △54.19 19億5208万株
TOPIX 1321.65 △1.46
JASDAQ平均 2507.93 ▼17.48

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
6176 ブランジスタ 9,850円 ▼3,000円 2,075,400株
テレフォン注目銘柄として4/1に3,285円で登場しましたが、
今日はストップ高15,850円まで
4.8倍増達成です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
中間決算で営業益の進捗率は42%と
堅調に推移しておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
8946 ASIAN STAR 359円 ▼16円 2,351,300株
テレフォン注目銘柄として4/12に339円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で430円まで
26%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
中国の不動産デベロッパーとの提携で、
アジアからのインバウンドに関連する
事業にも新たに取り組む方針ですので
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3920 アイビーシー  1,637円 ▼28円 2,066,900株
テレフォン注目銘柄として4/6に1,198円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で1,947円まで
62%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
フィンテック関連としてのテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6191 エボラブルアジア 4,025円 ▼95円 1,349,400株
テレフォン注目銘柄として3/31に2,550円で登場しましたが、
5/13には上場来高値5,100円まで
倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
今日も一時ストップ高まで16%上昇となっておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6786 RVH 1,612円 △300円 1,961,700株
テレフォン注目銘柄として3/9に949円で登場すると、
今日はストップ高1,612円まで
69%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございました!
17年3月期は売上高が121%増で、営業益も
41.7%増益見通しですのでので、

引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 明日、火曜日の注目銘柄 ♪ heart
3031 ラクーン 591円 △37円 3,055,000株
業種は卸売業です。衣料・雑貨の企業間電子商取引『スーパーデリバリー』を運営。中小企業間対象のインターネット完結型の後払い決済方法の『Paid』が初めて黒字化しておりますが、『Paid』はフィンテック協会にも加入しており、テーマ性からも注目。

4241 アテクト 826円 ▼8円 49,900株

業種は化学です。半導体保護資材では世界首位の化学メーカー。17年3月期は当期60%増益見通し。決算発表後の売りは25日線がサポートラインとなっておりますが、ストキャスティクスもゴールデンクロスを形成し始めており、目先は調整一巡後のトレンド転換に向けて注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から3264 アスコットについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では4/26に188円で、『民泊、カジノ関連などテーマを持ち合わせる銘柄です。直近大きな動きはみられないがテクニカルでは日足MACDがゴールデンクロスを形成。過去同様のケースで株価が大きく上昇しているだけにここからの動きは・・・。』とお伝えしておりましたが、今日は年初来高値更新で1,320円まで7倍増達成です!ホルダーの方はおめでとうございます!相場で資産を形成する戦略の一つが『テーマ・材料の先取り投資』ですので、ココだけ!情報局』に登場する銘柄はしっかりご注目ください!
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『6034 MRT』
2/9の1,070円から分割発表などが好感され、4/1には上場来高値5,780円まで、5.4倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/16には上場来高値15,850円まで、4.8倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『3905 データセクション』
4/13の647円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/12には年初来高値1,384円まで、2.1倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、5/11には高値7,320円まで、2.2倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『東証1部300円台』銘柄
先日からご紹介してきた『200円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『東証1部300円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

5/16(月)〜18:30

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

5/17(火)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『6508 明電舎』、『6969 松尾電機』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪