5月13日(金)




日産自動車と三菱自動車の業務提携!信頼回復と経営の安定へ向けて

昨日、注目を浴びたニュースといえば、低燃費不正データ問題の話題が続く三菱自動車と
日産自動車が業務提携を発表しました。三菱自動車の今後の道筋回復は、三菱自動車の自らの力が必要だ…というニュアンスに感じた日産自動車のゴーン社長の言葉にあるように、
ウィンウィンの関係で、とされる業務提携。三菱自動車の回復が期待されます!
w

三菱自動車は、日産を引受先として、まず第三者割当増資を今年の10月に実施。
日産による出資総額は、およそ2373億円だそうです。

ニュースでは、“三菱自動車が日産の傘下に!”という発表が多かったのですが、
“ダイナミックなパートナーシップ”“ウィンウィンの関係”という言い方が
協調された会見でした。

それぞれの会社の潜在力を伸ばすこと、日産は三菱ブランドを守り尊重し、育てていくこと、様々な課題の解決を支援すること。とくに燃費問題で失った信頼の回復に力を入れる。

日産自動車にとって、三菱自動車が新たな一員となるという言葉。
共同購入プログラムによるコスト低減も対象にし、日産にとっては、
何よりも三菱自動車の強みである電気自動車をはじめとした技術で、東南アジア市場で
多くのチャンスをつかめるのです。

日産は、ルノーとの提携に成功しています。この成功の経験は心強いでしょうね。

今回の低燃費データ改ざんというのは、日産自動車にとっては、提携に踏み出すきっかけとなったのです。そもそも、以前から三菱自動車との提携など、何らかのアクションを
検討していたそうですから。

言葉は悪いですが、今回の事件で“よしっ!今だ!”と、絶好のタイミングが訪れた…
という解釈もできるでしょうね。
勿論、現時点での三菱自動車は、日産が検討していた時期よりも、何かとマイナスからの
スタートです。そのあたりを手助けしてでも業務提携する意義がある、ということなのでしょう。

12日の東京株式市場では、三菱自動車株に買い注文が殺到しました。
その一日前の終値は495円でした。
日産自動車の支援を受けて、三菱自動車の経営への懸念が減り、
企業の改善を期待する形として買い注文が集まったといえるのでしょう。

とかく、企業の不正や失敗について叩きがちな風潮ですが、
いや、もちろん叩かれて当然の立場ですが、問題は、日本が誇る企業を、さらに今後も
大きなものとなってもらうよう、応援の気持ちがなくてはいけません。

ここのところ続く大企業の様々な問題が取り上げられるたびに、そう思う私です。
q



halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 12日のNY市場でダウ平均は小幅反発。WTI原油価格が47ドル台まで上昇したことを受けてエネルギー関連株を中心に買いが先行しましたね。ただ朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が悪化したことやアップルの株価が2年ぶりに90ドルを割り込んだことで売りが広がり、ダウ平均は昼前にマイナス圏に転落し、86ドル安まで下落する場面も見られました。午後に入ると、前日売られた小売セクターが持ち直したほか、公益や通信などのディフェンシブセクターが堅調となって下げ幅を縮小し、かろうじてプラス圏を維持して取引を終了しております。

 

 13日のNY市場では、経済指標で4月小売売上高や生産者物価や5月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表が予定されています。今回の決算シーズンでは百貨店大手メーシーズの決算が予想を下回り、株価が急落したことで小売りセクターの先行き不透明感が強まったことからも小売売上高の内容には注目が集まりますね。

NYダウ 17720.50 △9.38
ナスダック 4737.33 ▼23.35

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 13日の東京市場で日経平均は反落。寄り付き前の外資系売買動向は210万株の買い越しでした。前日のNY市場が上昇したことやドル円が円安に振れたことで買いが先行しましたね。日経平均は158円高まで上昇する場面も見られましたが、前日まで4連騰していた反動もあって利益確定の売りが広がると早々にマイナス圏に沈みました。鉱業や非鉄金属などの素材関連が売られたほか、武田薬品や田辺三菱製薬など主力の医薬品株が新安値を更新したことも重しとなり、引けにかけては一段安となるなど、ほぼ安値引けとなって取引を終了しております。

 

 来週の東京市場では、経済指標で1-3月期GDP速報値や3月機械受注の発表が、イベント面ではG7の開催が予定されています。G7に先んじて15日から茨城県で科学技術相会合が開かれ、政府は米欧に対して脳科学に関する基礎研究のデータの公開などを通じて、研究を加速させることを呼び掛けます。来週以降のバイオ関連や人工知能関連銘柄への影響に注目が集まります。

日経平均 16412.21 ▼234.13 25億197万株
TOPIX 1320.19 ▼17.08
JASDAQ平均 2525.41 ▼0.13

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
6176 ブランジスタ 12,850円 △1,530円 1,283,000株
テレフォン注目銘柄として4/1に3,285円で登場しましたが、
今日は上場来高値更新で13,010円まで
3.9倍増達成です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
中間決算で営業益の進捗率は42%と
堅調に推移しておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
3905 データセクション 1,136円 ▼84円 3,912,000株
テレフォン注目銘柄として4/13に647円で登場しましたが、
昨日は年初来高値更新で1,384円まで
2.1倍増達成です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
17年3月期の営業益予想の上限は、
前期比425%増の大幅増益見通しですので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3920 アイビーシー  1,665円 △24円 430,100株
テレフォン注目銘柄として4/6に1,198円で登場しましたが、
昨日は高値1,835円まで
53%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
フィンテック関連としてのテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6191 エボラブルアジア 4,120円 ▼460円 2,595,700株
テレフォン注目銘柄として3/31に2,550円で登場しましたが、
今日は上場来更新で5,100円まで
倍増達成です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
不動産会社との業務提携を発表し、
民泊関連としてのテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
2303 ドーン  8,250円 ▼210円 356,100株
テレフォン注目銘柄として3/16に3,198円で登場すると、
昨日は上場来高値更新で8,720円まで
2.7倍増達成です!

ホルダーの方はおめでとうございました!
2対1の株式分割も発表しておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 来週、月曜日の注目銘柄 ♪ heart
2477 比較.com 1,199円 △14円 98,500株
業種はサービス業です。ショッピング、プロバイダー、旅行、資産運用、自動車といった様々な分野の商品・サービスに関する情報を、インターネットユーザーの視点、ニーズに沿って整理した比較サービスを提供。インバウンド関連としてのテーマ性にも注目。

3042 セキュアヴェイル 689円 △42円 119,200株

業種は卸売業です。セキュリティインシデント対応やセキュリティオペレーション、ログ管理・分析などが主力事業。目先は一目均衡表における抵抗帯上抜けからテクニカル面でのトレンド転換に注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から7211 三菱自動車についてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では5/9に462円で、『ただ嫌気売りは限定的にとどまっており、少しでもポジティブな材料が出た際にはリバウンド力を発揮できる可能性も。』とお伝えしておりましたが、日産傘下での再建報道から今日は高値612円まで32%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!相場で資産を形成する戦略の一つが『テーマ・材料の先取り投資』ですので、ココだけ!情報局』に登場する銘柄はしっかりご注目ください!
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『6034 MRT』
2/9の1,070円から分割発表などが好感され、4/1には上場来高値5,780円まで、5.4倍増達成!

『6176 ブランジスタ』
4/1の3,285円からEC越境関連の一角として人気化すると、5/13には上場来高値13,010円まで、3.9倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『3905 データセクション』
4/13の647円から人工知能関連の一角として人気化すると、5/12には年初来高値1,384円まで、2.1倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、5/11には高値7,320円まで、2.2倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『東証1部300円台』銘柄
先日からご紹介してきた『200円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『東証1部300円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

5/13(金)〜17:30

朝の無料銘柄診断を開始します

5/15(日)10:00〜14:00

一日の計は朝に有り!

5/16(月)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『4755 楽天』、『9433 KDDI』、『1963 日揮』、『8601 大和証券』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪