5月6日(金)


顧客離れのスタバ!ユニクロ!倒産危機の三菱!利益優先は企業の危機を呼ぶか?

三菱自動車の燃費改ざんデータ問題は、不正が明らかになった該当自動車以外にも
法令と違う方法で燃費試験データが測定されていたことが明らかになり、
経営への打撃が深刻になっています。マック、スタバ、ユニクロなどの
近年の顧客離れや経営不振の傾向は、利益優先の企業姿勢の末路なのでしょうか?



三菱自動車の新たな不正該当車は、過去10年間に販売された30車種のうち、
実に27車種。台数で200万台を超えるとみられているのです。
となると、さらなる販売、生産の停止が余儀なくされる可能性は高く
それにより、顧客への補償、そして低燃費だけに、エコカー減税の返還……
など、対策費が数千億円規模に膨らむのではないかと言われています。

名だたる企業の話題は、昨年から引き続いていて、たとえば
昨年12月に、マクドナルド本社が、日本マクドナルド経営から撤退した、
日本マクドナルド。国産商品の打ち出しを前面に出したキャンペーンが
相次いでいましたが、これはこれで“モスバーガー”との類似で、勝ち目に関しては
決定打と言えない気もします。

また、値上げと客層のイメージが仇となり、顧客満足度が低迷しているスタバ。
利益優先に見える姿勢によって、ドトールコーヒーに優位の座を奪われてしまいました。



そして、ユニクロは、16年8月度の決算では、純利益が前年比55%減、と発表しています。
暖冬と値上げによる影響と見聞きしますが、その根本は、
本来のユニクロの存在感であったブランド力が落ちこみ、
低価格商品、という位置づけが、GUやしまむらなどに追い越されてしまっていることです。

近年の若者のファッションは、少し前の流行とは違って、
ファストファッション、低価格ファッションで揃えることができる、という風潮があり、
しまむら などに立ち寄る女性も多く、その価格差は痛手だと思います。

利益は当然あってしかるべきですが、
それは、顧客の声を忘れ、利益優先に走ることとは違い、特に近年は、
顧客の声が売り上げに大きな影響を及ぼす、ということを
今一度、かみしめなくてはいけない、という警告に思えてなりません。
消費者いてこその商品である以上、顧客に届ける真心がなければ、企業は
突然、経営破たんに追い込まれる…といっても過言ではないように
感じました。

あの三菱が、倒産の危機さえ感じる状態になるのですから、
消費者にとっては、ようやく自分たちが本当に満足できるものを選択できる時代になった、
といえるのかもしれませんね。

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 5日のNY市場でダウ平均は3日ぶりに小幅反落。カナダの産油地域における山火事を受けて原油相場が上昇。朝方からエネルギー株を中心に買い優勢の展開で始まりましたね。ダウ平均は一時84ドル高まで上げ幅を拡大させたものの、セントルイス連銀のブラード総裁が講演後に、『6月の利上げはまだ決めていない』と述べたと伝わったこともあり、午後にはマイナス圏に転落。その後は安値圏もみ合いが続いたものの、引けにかけてはプラス圏を回復して取引を終了しております。

 

 6日のNY市場では、経済指標で4月雇用統計が発表されます。4日に発表された民間雇用サービス会社ADPによる4月の全米雇用リポートでは非農業部門の雇用者数は15万6000人増と、前月の19万4000人から縮小したほか、市場予想(19万6000人前後)も下回るなど、米雇用の回復ペースの鈍りが意識される結果に。市場も嫌気売りで反応しており、引き続き弱めの数字が出るようであれば、下値を探る展開もありえるのではないでしょうか。

NYダウ 17660.71 △9.45
ナスダック 4717.09 ▼8.54

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 6日の東京市場で日経平均は6日続落。寄り付き前の外資系売買動向は730万株の売り越しでした。連休期間中に105円台まで円高が進行したドル・円相場が107円台まで戻したことで、朝方の日経平均は自律反発スタートとなりましたね。個別では債務超過が報じられたシャープや、営業減益見通し決算のオリンパスなどが下落するなか買いは続かず、早々にマイナス圏に転落。一時158円安まで売られたものの、節目16,000円付近では押し目買いが入ると、引けにかけて下げ幅を縮小して取引を終了しております。

 

 来週の東京市場では、経済指標で日銀金融政策決定会合の議事要旨、3月貿易収支、4月景気ウォッチャー調査などが発表されます。また週末13日の金曜日がSQにあたるほか、今回の決算シーズンで最多となる900を超える企業が決算発表を予定しているだけに、『13日の金曜日』という米国のホラー映画への連想からも、イベント警戒感が強まることになるのではないでしょうか。

日経平均 16106.72 ▼40.66 21億4094万株
TOPIX 1298.32 ▼1.64
JASDAQ平均 2469.23 △20.23

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
6176 ブランジスタ 7,620円 △1,000円 760,000株
テレフォン注目銘柄として4/1に3,285円で登場しましたが、
今日はストップ高7,620円まで
2.3倍増達成です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
中間決算で営業益の進捗率は42%と
堅調に推移しておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
3905 データセクション 957円 △150円 4,730,900株
テレフォン注目銘柄として4/13に647円で登場しましたが、
今日はストップ高957円まで
47%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
17年3月期の営業益予想の上限は、
前期比425%増の大幅増益見通しですので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
7610 テイツー  90円 △8円 8,673,500株
テレフォン注目銘柄として4/28に78円で登場しましたが、
今日は高値91円まで
2泊3日で16%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
信用規制も解除されておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3690 ロックオン 4,000円 △615円 2,993,200株
テレフォン注目銘柄として3/23に2,338円で登場!
4/20にも再度注目銘柄として2,555円で登場すると、
今日はストップ高4,085円まで
74%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
フィンテック関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル  2,199円 △202円 244,100株
テレフォン注目銘柄として4/14に1,983円で登場しましたが、
今日は高値2,300円まで15%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございました!
人工知能やIoT関連のテーマ性も備えておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 来週、月曜日の注目銘柄 ♪ heart
3080 ジェーソン 383円 △20円 67,500株
業種は小売業です。首都圏地盤の小売店チェーン。17年2月期は飲料・日用品好調で増収増益見通し。予想PERは12倍台と、ジャスダックの16.82倍と比較して指標園は割安のため、今後の水準訂正の動きに注目。

3742 ITbook 496円 △42円 249,400株

業種は情報・通信業です。官公庁向け主体のITコンサルから、技術者の人材派遣なども育成中。17年3月期は買収した派遣子会社の通期寄与で増収増益見通しとなっており、目先は3ヶ月近く続くもみ合い調整からの上放れに向けて注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から2158 UBICについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では4/11に1,006円で、『同社グループで、人工知能を活用したヘルスケアソリューションを提供する『UBIC MEDICAL』が、4月20日(水)から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「ヘルスケアIT 2016」に出展。イベントドリブン投資も入り始めたか?』とお伝えしておりましたが、今日は年初来高値更新で1,335円まで32%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!相場で資産を形成する戦略の一つが『テーマ・材料の先取り投資』ですので、ココだけ!情報局』に登場する銘柄はしっかりご注目ください!
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『6034 MRT』
2/9の1,070円から分割発表などが好感され、4/1は上場来高値5,780円まで、5.4倍増達成!

『1435 インベスターズクラウド』
1/29の6,190円から民泊関連の一角として人気化すると、4/28は上場来高値16,250円まで、2.6倍増達成!

『7527 システムソフト』
3/10の98円から民泊、IoT関連の一角として人気化すると、4/25には高値320円まで、3.2倍増達成!

『7986 日本アイ・エス・ケイ』
2/3の226円から金庫関連の一角として人気化すると、4/15には年初来高値502円まで、2.2倍増達成!

『2303 ドーン』
3/16の3,198円からドローン関連の一角として人気化すると、4/25には高値7,260円まで、2.2倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『東証1部300円台』銘柄
先日からご紹介してきた『200円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『東証1部300円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

5/6(金)〜18:30

5/8(日)

10:00〜14:00

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

5/9(月)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『4963 星光PMC』、『3306 日本製麻』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪