4月18日(月)

災害による経済への影響とは?地震大国である日本が抱える経済効果

4月14日に発生してから、予断を許さない熊本県の地震。被害に遭われた方々の不安な日々や悲しみが募る中、こういった災害や地震から復旧、復興へと向かう日本の底力が世界中のメディアでも取り上げられますが、災害と経済効果という言葉について考えると、地震大国である日本が抱える問題が大きいことを実感します。


経済効果…という言葉自体、プラスのイメージの言葉ではありますが、マイナス効果も含まれています。例えば、災害で受けた個人の損失・地域の損失・街の損失……
これらは、マイナスの効果です。
個人規模ならば、失った家屋の再建・家具や資材、日用品などの新調など新しい生活を取り戻すためにマイナスからのスタートになります。資金も失ってしまったり、職場も失った場合、借金や補助金などの助けが必要です。

町の復旧には、その地域はもちろんですが、国も災害復興のための資金を出します。いわば、国内の損失を国内のお金で(海外からの支援金を除いて)補てんしていくため、マイナスとなります。

また、その地域で稼働していた工場などが破壊、もしくは休止することで滞る生産業、企業にとってもマイナスが発生するのです。

失ったものを取り戻すということは、当然ながらマイナスが発生するんですね。

ところが、ここにプラスの、いわゆる“経済効果”も発生します。
それは、個人、あるいは国、地域が、復旧のために新調する様々なものや、復旧のための資材、人材。こういったものが動くことで、供給側にはプラス効果が生まれるのです。

災害の経済効果、というと、一見、不謹慎にも思えるのですが、町が復興していくには、最終的にはそういったプラスの経済効果も必要になりますね。

結局のところ、失ってしまった損失のほうが遥かに大きい災害の場合、その経済の影響というのはマイナスのほうが大きいということになるのだと思います。

熊本城の目の前に位置するホテル日航熊本は、奇しくも4月14日、地震が発生する日、ホテル日航熊本で、2016年3月期のホテル業績の売上高が約3%増加し、40億円の大台に乗ったことを、「くまもと経済」5月号インタビューに応えていると知りました。(http://www.kumamoto-keizai.co.jp/content/asp/dejikame/dejikame_detail.asp?PageID=19&Knum=17414&PageType=top1)インタビューによると、経常利益も前期の約2倍になり、増収増益になったそうです。
近年急増したインバウンド(外国人旅行客)の好調の波の影響だそうですが、このホテル日航熊本も、地震の被害を受け、現在は営業を休止しています。

あまりにタイムリーすぎる話ではありますが…。

私たちが住む日本は地震大国。台風などの災害も多い国です。
マイナスを補てんしあって、まずは取り戻す。そこから更に経済を上向きにし、次にまたどこかで起こるであろう災害に備えての蓄えを持たなくてはいけない、そういった課題を持っているんだということを忘れてはいけないと思いました。

まずは熊本の地震の余波が早期に収束することを願っています。

halfnote

heart さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう! heart

 15日のNY市場でダウ平均は4営業日ぶりに小反落。週末に開催される主要産油国の増産凍結を巡る協議への警戒感から原油相場が下落したことで、朝方からエネルギー株を中心に軟調スタートとなりましたね。個別では4-6月期も前年同期比3割程度の減産を継続と報じられたアップルが下落し指数の重しに。ただ週末を前にした見送りムードも強く、ダウ平均の日中値幅は70ドル程度にとどまるなど、方向感に乏しい推移のまま取引を終了しております。

 

 今週のNY市場では、経済指標で3月中古住宅販売件数、4月フィラデルフィア連銀の製造業景況指数が、個別でインテル、マイクロソフト、キャタピラーなどの決算発表が予定されております。先週はS&P500種株価指数の週間上昇率が1.6%だった一方、金融は4.3%高となるなど、金融株が相場を牽引。ただ決算を発表した4行は全て減益だったほか、売上高に当たる純営業収益も3行が減益となるなど、想定より悪くないとの消極的な買いが主導した面もあるだけに、今週決算が本格化する製造業やIT企業でその解釈が続くかどうかに注目が集まることになりそうです。

NYダウ 17926.43 △18.15
ナスダック 4945.89 ▼1.53

halfnote

heart さて、本日の東京市場のほうは・・・! heart

 18日の東京市場で日経平均は大幅続落。寄り付き前の外資系売買動向は150万株の売り越しでした。主要産油国の増産凍結を巡る協議が物別れに終わったことで、朝方からリスクオフの売りが先行する展開になりましたね。個別では熊本地震の影響で生産を停止したとトヨタが5%近く下落するなか、日経平均は一時593円安まで下げ幅を拡大。日銀のETF買い入れ期待などもあり、売り一巡後は下げ渋ったものの、節目16,400円付近で戻り上値も重く、後場も安値圏もみ合いに終始して取引を終了しております。

 

 19日の東京市場では、目立った手掛かり材料は見当たりません。バンクオブアメリカ・メリルリンチが公表した4月の機関投資家調査では、日本株をアンダーウエートとした投資家の比率がオーバーウエートとした割合を12年12月以来3年4ヶ月ぶりに上回っており、当面は海外勢が手控えムードを背景に上値の重い展開が続くことになるのではないでしょうか。

日経平均 16275.95 ▼572.08 21億8206万株
TOPIX 1320.15 ▼41.25
JASDAQ平均 2444.47 ▼4.90

halfnote

テレフォン注目銘柄

●毎日のように『無料テレフォンサービス』をお聞きいただき、
そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございます。

本日のテレフォン注目銘柄の実績は以下の通りです。

★買い注目★
2303 ドーン 4,995円 △445円 594,100株
テレフォン注目銘柄として3/16に3,198円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で5,140円まで
60%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございました!
ドローン関連のテーマ性も備えており、
20日からの『第2回 国際ドローン展』へ
向け期待感も高まっておりますので、

引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

★買い注目
4571 ナノキャリア 1,970円 △58円 4,666,600株
テレフォン注目銘柄として4/7に1,525円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で2,036円まで
33%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございました!
これまでの常識を覆す育毛用のスカルプケア製品の
一般販売を開始しており、業績拡大が期待されておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!
★買い注目★
4748 構造計画研究所 1662円 △46円 163,100株
テレフォン注目銘柄として3/29に1,468円で登場しましたが、
今日は高値1,778円まで21%上昇です!
ホルダーの方はおめでとうございます!
独自の防災コンサルを展開しており、
防災関連のテーマ性も注目されておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
3853 インフォテリア 1188円 ▼7円 3,835,700株
テレフォン注目銘柄として4/8に1,186円で登場しましたが、
今日は上場来高値1,328円まで
11%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございます!
シンガポールのフィンテック企業「ドラゴンフライ フィンテック」
と事業提携の材料も出ておりますので、
引き続きしっかりご注目ください!

★買い注目★
6786 RVH 1,334円 ▼66円 1,384,700株
テレフォン注目銘柄として3/9に949円で登場しましたが、
今日は年初来高値更新で1,597円
まで68%上昇です!

ホルダーの方はおめでとうございました!
すでに通期業績予想を上方修正しており、
業績面では安心感もありますので、
引き続きしっかりご注目ください!
この銘柄についての無料銘柄診断はこちらから!

明日の注目銘柄


heart ♪ 明日、火曜日の注目銘柄 ♪ heart
2191 テラ 950円 △12円 378,500株
業種はサービス業です。医療機関にがん免疫療法のノウハウを提供するバイオベンチャー。先月、コージンバイオと業務委託契約締結を発表しており、今後同社のがん免疫療法を提供する医療機関拡大が期待されておりますが、2013年以来、3年ぶりのバイオ急騰相場の観点からも注目。

3665 エニグモ 966円 △21円 171,800株

業種は情報・通信業です。ソーシャル通販サイトの『バイマ』を運営。17年1月度は前期の積極広告一巡で、広告費が大幅減となることもあり、営業益は350%増の大幅増益を見込んでおり、今後の業績相場での見直し買いの動きに注目。
starstar
star
starstar
『ココだけ!情報局』からの
ピックアップ銘柄
starstar
star
starstar
今日はHP登場銘柄の中から6888 アクモスについてご紹介したいと思います。当社『ココだけ!情報局』では4/11に393円で、『20日からの『第2回 国際ドローン展』へ向けて動きが出てきたか・・・。』とお伝えしておりましたが、今日は高値462円まで1週間で17%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!相場で資産を形成する戦略の一つが『テーマ・材料の先取り投資』ですので、引き続き当社『ココだけ!情報局』の銘柄はしっかりご注目ください!!
さて、当社『無料テレフォンサービス』では全体相場の流れを見極めながら、旬な個別銘柄をご紹介しておりましたが、

『6034 MRT』
2/9の1,070円から分割発表などが好感され、4/1は上場来高値5,780円まで、5.4倍増達成!

『1435 インベスターズクラウド』
1/29の6,190円から民泊関連の一角として人気化すると、4/15は上場来高値15,690円まで、2.5倍増達成!

『3236 プロパスト』
1/21の228円から民泊関連の一角として人気化すると、4/1には高値493円まで、2.1倍増達成!

『7986 日本アイ・エス・ケイ』
2/3の226円から金庫関連の一角として人気化すると、4/15には年初来高値502円まで、2.2倍増達成!

『6736 サン電子』
2/8の601円から同社子会社に関する好材料もあって、3/30には高値1,270円まで、2.1倍増達成!


などをいち早く注目、ご紹介してきましたよね♪
そして、これから『無料テレフォンサービス』登場予定銘柄はこちら↓ テレフォンに登場する頃には・・・。乞うご期待ください♪
『東証1部300円台』銘柄
先日からご紹介してきた『200円台』銘柄ですが、ご紹介はそろそろ終了させて頂こうと考えております♪お問い合わせありがとうございました♪ 次に当社では、『東証1部300円台』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください!

無料銘柄診断

4/18(月)〜19:30

朝の無料銘柄診断を開始します

一日の計は朝に有り!

4/19(火)7:45〜

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910
お問い合わせ、お待ちしております!rabit



本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『9761 東海リース』、『1813 不動テトラ』、『5284 ヤマウ』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪