12月30日(水)


 

こんにちはo(^-^)o
いよいよ明日は大晦日。。。
私は半分徹夜して、フラフラになりながら
今日の午前中、年賀状を全部書き終えました!!

例年より150枚近く多い枚数をこなしたので
途中、右手がしびれてきて
しまいましたが、、、、(;>ω<)/

全部書き終えたあとは、
いつにない達成感を味わうことができました

ごほうびのナポレオン・パイの味も
いつもの倍以上、おいしく感じられました♪(*^▽^*)/

仕事場のお片づけも無事終わって
スッキリした気分で新年を迎えられそうです(*^▽゜)v

これから、マイ母に頼まれている
年越し用の生そばと、
予約していたおせち料理を受け取りに
京橋のほうまで行ってきます(^-^)

きょうも東京都心部はいい天気。
空気は冷たいですが、お正月まで穏やかな
気候が続きそうです。
初日の出も、、、たぶん自宅から無事、
拝めるといいな〜〜。( ^ー^)

海外に行く方、実家に戻られる方、
ホテルで過ごされる方、いろいろでしょうが、
みなさまもよい年をお迎えくださいね
また来年、お会いいたしましょう〜(^0^)ノ



さて、今日もNY市場の動きからチェックしてまいりましょう!

 29日のNY市場でダウ平均は7営業日ぶりに小反落。米10月S&P/ケース・シラー住宅価格指数の下落幅が前月から低下したことや、米12月コンファレンスボード消費者信頼感指数が市場予想を上回り、2ヶ月連続で上昇したことを好感して、朝方はやや買い優勢の展開で始まりました。ダウ平均は一時前日に付けた終値ベースの年初来高値を上回る場面があったものの、閑散相場のなか買いは続かず上値は限定的でしたね。結局ダウ平均の日中値幅は36ドルと、2007年2月以来の小ささとなるなど、終日方向感に乏しい推移に終始して取引を終了しております。

 NY市場では、ここのところ住宅関連指標の改善が目立ち始めておりますが、住宅市場の改善を後押ししている住宅減税などの支援策やFRBなどによる住宅ローン担保証券購入は2010年春に打ち切られるため、2010年のNY相場でも住宅市場が不安材料として燻り続けることになるのではないでしょうか。

NYダウ     10545.41 ▼1.67  
ナスダック  2288.40  ▼2.68
 




さて、本日の東京市場のほうは・・・!

 30日の東京市場で日経平均は反落。寄り付き前の外資系売買動向は10万株の小幅買い越しでした。92円台まで進行した円安を好感して、寄り付きの日経平均は買い優勢の展開で始まりましたね。日経平均は寄り付きで69円高の高値10,707円を付けたものの、法的整理の可能性が高まった日本航空の急落が市場心理を冷やしたこともあり、急速に上げ幅を縮小させるとマイナス圏に転落。その後は年末とあって積極的な売買が手控えられるなか、日経平均は前日終値を挟んで方向感に乏しい推移が続いたものの、引け間際に先物主導で急落すると、結局この日の安値圏で取引を終了しております。

 新年2010年相場を恒例の干支から占ってみると、来年は1949年の東証再開後6度目の寅年で、前回までの勝敗は1勝4敗と大幅な負け越しで、平均パフォーマンスも12支のなかで下から3番目のパフォーマンスなんですよね。ただ過去の寅年を振り返ってみると、50年には日経平均は東証再開後の最安値85円を付け、74年には73年に付けた5,359円以降の最安値3,355円を、さらに98年にも96年に付けた22,666円以降の安値12,879円を付けるなど、実は寅年はその後の上昇局面に向けて歴史的な起点になっている年が多いんです。2009年の世界的な低金利政策によって過剰流動性が発生しており、今後過去の相場同様バブル相場が生まれることになるのではあれば、2010年は長期的に見て絶好の仕込み年になるのではないでしょうか。

日経平均    10546.44   ▼91.62  17億666万株
TOPIX      907.59    ▼8.28
JASDAQ平均  1176.87   △0.39


●今年も一年間テレフォンサービスをお聞きいただき、そして、HPもご覧になっていただき、本当にありがとうございました。
簡単に今年の相場を振り返りつつ当社テレフォン推奨銘柄の実績をご確認ください!


1月には米国でオバマ新政権が発足!
オバマラリー期待から急騰して始まった新年度相場でしたが、
テレフォンでは1/9のSQが昨年リーマンショックの起こった昨年9月以来の
『幻のSQ』となったこともあり、その後の相場下落をご紹介しておりましたよね。

そんな1月を代表する当社テレフォン銘柄は・・・、
『4772 デジタルアドベンチャー』
当社テレフォンでは
昨年末から新春『カタカナ超低位』として紹介しておりましたが、
当社『ココだけ!情報局』で1/27に58円で登場するや3ヶ月以上の上昇相場に突入し、

5/10には高値147円まで2.5倍増の急騰劇
を演じました♪

2月 3月までの相場下落をお伝えするなか、テレフォンで空売り銘柄として登場したのは、
『8564 武富士』
2/20の467円から2/26の安値301円まで52%下落!

3月 
3/13のSQで日経平均が5ヶ月ぶりにSQ値を上回ったことを契機に、それまでの
下落トレンドから上昇トレンドへの転換をお伝えするなか、テレフォン注目銘柄として登場したのは、

『8604 野村HD』
3/4の430円から6/15の高値934円まで2.1倍増達成!


4月
には今年世界中で猛威を振るった新型インフルエンザが発生。
国内でも感染者が続出。学級閉鎖などが相次ぎ、店頭からはマスクが消えるなど、社会現象となりましたよね。
そんな4月を代表する当社テレフォン銘柄は・・・、
『4714 リソー教育』
当社テレフォンサービスでは4/24に2,660円で登場すると、その後は民主党関連のテーマ銘柄として、
8/6には高値5,770円まで3ヶ月以上の上昇相場で2.1倍増
を達成しました!


5月 テレフォン注目銘柄として登場したのは、『2492 インフォマート』
5/1の144,000円から10/20の高値301,000円まで倍増達成!


6月には米自動車最大手GMが100年の歴史に幕をおろし、破産法を申請。
リーマンショック時と異なり影響は限定的で、日経平均もサマーラリーに突入することになりましたよね。
そんな6月を代表する当社テレフォン銘柄は・・・、
『3632 グリー』
当社テレフォン注目銘柄として6/2に2,910円で登場すると、好業績内需銘柄として、
12/28には上場来高値6,020円まで倍増を達成するなど
息の長い上昇相場を続けております♪


7月 テレフォン注目銘柄として登場したのは、『8915 タクトホーム』
7/3の42,450円から11/4の高値100,000円まで2.3倍増達成!

 

8月には衆議院選挙で民主党が大勝利をおさめ、16年ぶりに政権が交代。
ご祝儀相場は限定的で、結果的にはその後の日本株の上値を抑える政治リスクにつながることになりましたよね。

そんな8月を代表するテレフォン銘柄は・・・、

『2395 新日本科学』
当社テレフォン注目銘柄として8/21に473円で登場すると、インフルエンザ関連のテーマ銘柄として、
8/31には高値1,053円まで10日間で2.2倍増の急騰劇
を演じました♪

9月 テレフォン注目銘柄として登場したのは、『3840 イー・キャッシュ』
9/4の19,200円から10/1の高値28,650円まで49%上昇!


10月 テレフォン注目銘柄として登場したのは、2月に空売り銘柄として登場した『8564 武富士』
10/14の384円から11/10の高値537円まで39%上昇!


 

11月には円相場で84円台と95年7月以来14年4ヶ月ぶりの水準まで
円高が進行するとととに、政府が3年5ヶ月ぶりにデフレを宣言。

世界的な株高局面において、円高、デフレが政治リスクとともに日本株の足かせとなりましたよね。
そんな11月を代表するテレフォン銘柄は・・・、
『8202 ラオックス』
当社テレフォン注目銘柄として10/27に65円で登場すると中国企業の傘下入りの材料を受け、
11/4には高値180円まで1週間で2.7倍増の急騰劇
を演じました♪




12月には日銀が臨時の金融政策決定会合を開催し、追加の金融緩和策を決定。
市場では、政府・日銀がデフレ克服や円高阻止のために動き出したというメッセージとして解釈され、
日経平均は月初の一週間で1,000円近い急騰劇を見せましたね。
そんな12月を代表するテレフォン銘柄は・・・、
『8913 ゼクス』
当社テレフォン注目銘柄として12/14に427円で登場すると『3736 コネクトテクノロジーズ』、
『3782 ディー・ディー・エス』の4日連続、5日連続を超える7日連続ストップ高を交えた
急騰で、11営業日で10回ストップ高を演じると、

12/30には高値1,629円まで3.8倍増の急騰劇
を演じました♪

 


♪大発会の注目銘柄♪

4714 リソー教育 5,570円 ▼40円 17,842株
業種はサービス業です。首都圏を中心に個別指導塾『TOMAS』を展開。節目5,500円を上値抵抗線とした三角持合いの調整が5ヶ月近く続いておりますが、ここにきて再度5,500円を突破し始めており、目先はもみ合い突破に向けた展開に注目。

4835 インデックスHD 5,150円 ▼20円 33,312株
業種は情報・通信業です。傘下にインターネットや携帯電話向けコンテンツの製作会社を持つ純粋持ち株会社。12月中旬から出来高を伴って7割近く急騰しており、目先は短期的な視点で注目。

 



品格のある
投資家への道



 今年も一年間テレフォンサービスをお聞き頂きありがとうございました!波乱の2009年相場でしたが、テレフォンサービスでご紹介した個別銘柄のパフォーマンスはしっかりご確認頂けたことと思います♪年明けからは例年どおり新春のご祝儀相場が期待されておりますが、当社では新春銘柄として、『新興ヘラクレス』銘柄をご用意しております♪
新春相場のスター株になる可能性を秘めておりますので、ご興味ある方はお持ちの銘柄診断と合わせて当社アドバイザーにお問い合わせくださいね♪2010年はぜひご一緒にいいスタートを切りましょう♪それではよいお年をお迎えください♪

 さて、当社テレフォンでは9月以降の全体相場の調整入りに備えて、個別銘柄の紹介を続けてきましたが、大人気の倍増シリーズとしては・・・、
第1弾 『4714 リソー教育』 4/24の2,660円から8/6の高値5,770円まで民主党関連のテーマ銘柄として、2.1倍増!
第2弾 『3632 グリー』 6/2の2,910円から12/28の高値6,020円まで円高局面のなか好業績内需銘柄として、2.0倍増!
第3弾 『8875 東栄住宅』 6/10の400円から10/27の高値1,137円まで出遅れ不動産銘柄として、2.8倍増!
第4弾 『8915 タクトホーム』 7/3の42,450円から11/5の高値100,000円まで好業績不動産銘柄として、2.2倍増!
第5弾 『2395 新日本科学』 8/21の473円から8/31の高値1,053円までインフルエンザ関連のテーマ株として、2.2倍増!
第6弾 『8202 ラオックス』
10/27の65円から11/4の高値180円まで中国企業傘下での業績変貌期待銘柄として、2.7倍増!
などをいち早く注目、紹介してきましたよね♪

直近でも、年末に向けて全体相場の上値が重たくなるなか、連続ストップ高シリーズとして・・・、
第1弾 『2447 NowLoading』 11/27の32,000円から3日連続ストップ高で、12/3には高値45,200円まで、41%上昇!
第2弾 『3782 ディー・ディー・エス』 12/8の9,400円から5日連続ストップ高で、12/16には高値17,200円まで、82%上昇!
第3弾 『3736 コネクトテクノロジーズ』 12/10の8,110円から4日連続ストップ高で、12/16には高値14,110円まで、73%上昇!
第4弾 『8913 ゼクス』 12/14の427円から11営業日で10回のストップ高を演じ、12/30には高値1,629円まで、3.8倍増!
などをいち早く注目、紹介してきましたよね♪

年末年始に向けても、これらの銘柄に次ぐ連続ストップ高シリーズを乞うご期待くださいね♪

そして、これからテレフォン登場予定銘柄はこちら↓ 果たしてゼクスの連続ストップ高記録を抜くことになるのでしょうか?! 

『新興ヘラクレス』銘柄
先日からご紹介してきた『100円台』銘柄は値動きが出始めておりますので、紹介は終了させて頂きます♪多数のお問い合わせありがとうございました♪そして次に当社では、『3782 ディー・ディー・エス』、『3736 コネクトテクノロジーズ』など直近テレフォンで続いている新興銘柄の連続ストップ高シリーズとして、『新興ヘラクレス』銘柄の『買い』を予定しております!信じて仕込めばあとはその時がくるのを待つのみ・・・。乞うご期待ください。


“無料銘柄診断”

月曜日から金曜日 9:00〜20:00

無料テレフォンサービス 03-5652-0606

お問い合わせ電話番号 03-5652-0610

無料相談センター 0120-085-910

(土日祝日も銘柄診断受け付けております。10:00〜14:00)

お問い合わせ、お待ちしております。

 

本日、当社『ココだけ!情報局』に登場した主な銘柄
『8763 富士火災』、『9005 東京急行』、『8585 オリコ』、『8923 トーセイ』、『8591 オリックス』、『5016 新日鉱HD』、『4502 武田薬品』、
『5713 住友金属鉱山』、『8111 ゴールドウイン』、『6954 ファナック』
上記銘柄以外にも気になる銘柄などがございましたら、お気軽に無料銘柄診断をご利用ください♪